僕の見ている世界

ダイビングや本やコミュニティについて色々な事を気ままに書いています。

詳細プロフィール

こんにちは、マキ(@RIZEMaki0806)です。(^^)/

ぼくは、海の世界に興味がある人に向けて、このブログ「僕の見ている世界」を書いているんですが、あなたは僕に対してどんなイメージを持っていますか??
今回あらためてこれまでの人生ストーリーを書くので、読んでもらえたら嬉しいです(^^)

f:id:free-maki0806:20180623165652j:plain

ダイビングスクールを大阪で経営
本名:マキタカシ(34歳)
出身:大阪生まれ(顔濃くで色黒)

好きなもの:海、本、ワクワクする事、このブログ見てくれている人、友達。

20才から4年勤めた会社を辞め、ダイビングの世界へ。その後29才で起業しました。

 

もともとは泳ぐのは苦手だったけど今ではダイビング歴14年に

 

ダイビングスクールでは、ダイビングライセンス講習のインストラクターや、業務器材販売、ツアー企画バーベキューなどのイベントも開催しています。ダイビング歴は14年。仕事にしてからは10年を超えています。起業して3年目の時、更に事業の拡大のために法人として活動することにしました。

もともとは、クラスで1番泳ぐのが苦手だった自分が、まさか海の仕事をしているなんて、子どもの頃の自分が知ったらびっくりしているはず!

インストラクターとして活動している僕ですが、人前で話すのが苦手で、あがり症で、口べた(笑)
でも、ダイビングを教えるのは大好きです!!(^^)

 

1万人に1人の病気になったけど、とにかくポジティブに生きてきた

 

いきなりですが、ぼくは生後三日で手術をしています!
先天性十二指腸閉鎖症という病気なんですが、お腹にはその手術跡がしっかりと誇らしげに残っています。

これはどんなものかというと、十二指腸閉鎖・狭窄症は膜や狭窄などの先天的な原因により胃液やミルクが十二指腸内を通過しない状態です。

出生6,000人から10,000人に1人の割でみられ、30%にダウン症、40%に先天性心疾患、また輪状膵、食道閉鎖症、小腸閉鎖症、腸回転異常症などの消化管の異常を合併することがあります。 Copyright © 獨協医科大学埼玉医療センター小児外科, All rights reserved.

調べてみると、1983年の出生数は1,508,687人なので、多くみて僕と同じ年で150人くらいしかいないのではないでしょうか。

合併症が多い病気で、僕は0歳から小学校六年生まで通院していました。原因不明の体調不良が続き、沢山検査をしていました。

しかし、能天気な僕は「みんなもこんなふうに病院に通っているものだ」と思いこんでいたのです! (*_*)!!

みんなそんなに病院行かないし、そんなに注射をしていない!!!(*_*)と中学生に知った時は、かなり衝撃的でした!

通院している時は、病院の廊下にあるアンパンマンの絵にすごく勇気づけられました

 

大人になれるのかな?と子供ながらにぼんやりと考えていました。あまり、未来を予想することはしなかったです。

だから

小6の誕生日に病院でずっとみつづけてくれたお医師さんに

「もう大丈夫だよ。もう、ここに来なくていいからね」

とかけられた言葉が忘れられません。

その時、子どもながらに、「あ、もしかして大人になれるんだ」と喜び、閉じていた未来が開いてく感覚を抱きました。

僕はそれまで大人になった自分を想像することが出来なかったです。

 

先生やクラスメイトから嫌われる日々を過ごした中学時代

 

それから中学に進学し、中二の後半で転校し、中三から新しい中学にいきましたが、そこでは友達が一人もいませんでした。

しかし、特にしんどくもなかったけど、客観的に見たらきっと不思議に思えるのかもしれません。思えば、僕は小学校の頃から次のような色々な違和感を抱いていたのです。

・席にじっと座っている事が難しい
・廊下に出て絵を描いたり、よく席をたってしまうので、先生にはこれ以上ないくらい嫌われていた
・通知表にびっしりと僕のダメな所を書かかれていた
・没頭しているとまわりの声が聞こえなくなる
・空想が好きで授業中には先生の話がちっとも入ってこないことも

今あらためて思うと、大人からしたら困る子どもですよね(*_*;
また、中学三年までぼくはめちゃめちゃ太っていたこともあり、コンプレックスだらけで生きていました。

 

親が自己破産をして貧乏になった高校時代に、運命の出会いがあった

 

高校に進学してからは、僕は勉強に興味がどうしても持てませんでした。
でも、本を読むのは好きなので、本はたくさん読みました。高校の図書室にある本は辞書以外ほとんど読んだくらいです。

小さい頃しんどい時でも、本が魅せてくれるファンタジーの世界ではどんなに体はしんどくても自由でいられる事に気づいてから、僕は本が好きになったのです。今でもこれは続いていて、書評を書いたりもしています。

高校1年生の時に、親が自己破産をして、貧乏になりました。
大好きな本も漫画も売れるものは売りました。
この経験から、僕は物欲がなくなり、ただただ毎日がなんとなく過ぎて、将来したい事もないし、大人がちっとも楽しそうには見えなくて、将来に絶望していました。

そんな時に、海とダイビングに出会いました。

はじめたきっかけは、友達に誘われて”なんとなく”始めたものの、海の世界に魅了されました

 

f:id:free-maki0806:20180623130708j:plain

 

人生で初めて明確な意思を持ち、夢を実現

 

「なんだこの心地よさは…?」

海に癒され、心が浄化され、モヤモヤしたものが全てどこかにいきました。
そして20歳にしてはじめて、明確な意思で夢ができたんです。

「この感動を伝えるために店を作りたい!!!」

しかし、この時の僕にはお金も、知識も、学歴も何もありませんでした。

「夢を実現するにはどうしらいいんだろう…?」と悩みに悩んだ結果、まずサラリーマンとして働くことを選びました。

いわゆるブラック労働で、休みは月に1日か2日で、1日あたり16時間勤務していましたし、眠すぎて、帰宅途中よくコンビニの駐車場で寝ていました。

今振り返ると、よく死を選ばなかったなと思えるくらいの環境に身を置いていました。

4年のブラック労働を乗り越え、ようやくダイビングの世界へ飛び込みます。
大阪で起業したんですが、はじめの2年間は休みゼロにしてひたすら働いてました。
これまでメキシコやジープ島でダイビングしたり、表彰されたりもありましたが、気づけば5年目になりました。

ぼくは相変わらずダイビングが大好きで、海の世界が大好きです。

どうして僕はダイビングが好きなのだろう? - 僕の見ている世界

 

ぼくがこのブログを始めたきっかけ


好きなことをしている時が一番楽しいし、ワクワクしますよね?
海の世界と出会えたおかげで、そんなシンプルなことにやっと気づくことができました。
こんな素晴らしい世界があることをもっといろいろな人に伝えたいと思い、このブログを始めました。

クラウドファンディングにチャレンジしてた理由も同じです。
ここ最近、本を読んで行動するようになったらすごく楽しいことがたくさん起こるようになったんです。
だから「行動してみたらこんな楽しいことあったよ!」とか、これまでの僕の話をまじえて、ポジティブに生きる考え方を知ってほしいなと思い、本の書籍化プロジェクトを実施しています。

このプロジェクトを通して、僕のこの思いを伝え、いろんな人と出会えることを願っています!

 

そして

 

目標達成、終了しました!

ありがとうございます!


 支援総額50万円


詳細はこちらからどうぞ↓

camp-fire.jp

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!
マキ(@RIZEMaki0806)(^^)/

 

SNS・HPなど。SNSのフォローしていただいたら嬉しいです!

 

・インスタグラム
makiさん(@takashimaki0806) • Instagram写真と動画

・Twitter
≡ダイビング革命の真木📪 (@RIZEMaki0806) | Twitter

・note
真木崇志|note
記事は無料と有料があります。
大好きな佐渡島さんにサポート&フォローをいただいたり楽しく書いています!

・レターポット
真木 崇志さんのレターポット

・しるし書店しています
真木 崇志 店 | しるし書店

・大阪にある僕の店のホームページ
大阪のダイビングスクールRIZE|大阪〜和歌山送迎

ダイビングの事ブログにも書いています

どうして僕はダイビングが好きなのだろう? - 僕の見ている世界

ダイビングの素朴なQ&A書いています

ダイビングって何?10の疑問に正直に答えました。 - 僕の見ている世界

趣味、好きなこと


・読書(本・漫画)ワンピース大好き!
・海の中の写真を撮ること(インスタなどに載せてます)
・ラーメン毎日でも大丈夫!
・カレーも大好き!
・好きな人…キングコング西野さん/窪塚洋介さん/ホームレス小谷さん
・空想。妄想。
・ブログ更新(特に読んでほしい記事はこちら)
・ダイビングは仕事でもあるけど、趣味でもあります♪
・小説を書いています( ヒハマタノボリクリカエス|真木崇志|note

・SHOWROOM配信しています。なんと、公式アカウントになりました!フォローお願いします!

 

 

嫌いなこと、苦手なこと


・イライラする自分
・お客様が嬉しい価格設定にすると儲からないという現実
・じっと話を聞くこと
・整理整頓
・たべる量を気を付けないとすぐに太ること
・方向音痴
・お酒がめちゃめちゃ弱い
・病弱な自分
・すぐだらだらしようとしてしまう
・服のセンスが絶望的