僕の見ている世界

ダイビングや本やコミュニティについて色々な事を気ままに書いています。

「一日限りの光る絵本展」

「一日限りの光る絵本展」


f:id:free-maki0806:20181225234027j:image

「一日限りの光る絵本展」byキンコン西野 | 西野亮廣ブログ Powered by Ameba 

キングコング西野さんのブログより

病院から出られないチビッ子達の為に、1日限定の『えんとつ町のプペル光る絵本展』。
寝たきりの子や、車椅子の子もいるので、展示する絵の位置をいつもより少し下げました。
協力してくださった全てのスタッフさんに感謝します。

 

こちらの絵本の光る絵本展です

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

 

この話を知った時、もの凄くうれしかったです。ステキ!最高だ!こんなに嬉しいことってなかなかない!当日の様子を、スタッフをした人のSNSで少し知れてさらに嬉しくなりました。めちゃくちゃ嬉しい!

 

どうしてこんなに嬉しいか?というと、いいこと、すてき!と思うのはモチロンだけど、実はぼくも経験者なんです。

僕が病名を公表している理由 - 僕の見ている世界

 

ある病気を持って生まれたボクは、生後3日でお腹を手術して、入院したり大阪の小児医療センターに12年間通院していました。今はすっかり元気なので、なかなかそうは見られないのですが、沢山検査をしてきました。今は懐かしい思い出です。

 

病院の廊下などには、アンパンマンの絵がたくさん貼ってあったのを覚えています。アンパンマンから勇気をもらいました。検査も頑張ることが出来ました。

そんな時、病院でこういうステキなイベントがあったら、嬉しかったなーと思います。見たら検査頑張れたなーと思います。

 

見ているんですよ、見ていたんですよ、僕たち子供って。

 

精一杯頑張っていたんですよ。大人にはそんなの、全ては言わないんです。心配させたないから。だから、頑張れる勇気が欲しいのです。だから、すごく嬉しいのです。

自分事なのです。 

 

今も、あの通院して検査していた時のこと覚えているので、このイベントを知った時、ボクは嬉しくて嬉しくて涙がでました。最高です、ほんとうに。

 

みんな、みんな、治ってほしい。元気になってほしいです。絶対治ってほしい。また、こういうイベントがある事を願います。

このイベントの企画された方、ボランティア運営スタッフのみなさま、ありがとうございます。お疲れさまです。

 

すてきな本です!

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

西野さん、凄い方です

僕の、僕達私達の知らなかった西野亮廣 - 僕の見ている世界

 

 またイベントも絵本展も行きたいです

maki777.hatenablog.com

 

 最近インタビューしました

新世界についてです

maki777.hatenablog.com

 

 

maki777.hatenablog.com