僕の見ている世界

ダイビングや本やコミュニティについて色々な事を気ままに書いています。

僕がハンディキャップダイビングをしている理由

僕がハンディキャップダイビングをしている理由

 

僕は大阪でダイビングスクールを運営して

五年目になります

インストラクターとして

お客様にダイビング講習を教えています

昨日も初級コースの中にある

プール講習に行ってきました!

楽しかったです!!(^^)/(^^)/

 

プール講習、楽しかった! https://t.co/m3PkpTGRbG

大阪市内にあるダイビング専用プールで講習をします

最初は水深1mの所でみっちり練習します!

そして、初級コースだと

その後に違う日に、日帰りで海に二回行きます!

 

rize-sea.jp

 

そして、実はハンディのある方も大歓迎です!

障がい者ダイビング|大阪のダイビングショップ

 

まだ、日本ではハンディのある方を受け入れ可能なダイビングスクールが、ほとんどないというのが現状です。僕は去年から取り組み始めたのですが、受け入れる側も手探りな部分があります。専門の講習をもちろん受けていますが、手探りというのは、発信方法です。まだまだ、ハンディがあってもダイビングができる!という認知がなされていないので、地道に発信をしています。勿論、医師の診断によっては受け入れが出来ない場合があります。しかし、医師が可能と判断して、ダイビングがしたい!という方に、僕はダイビングの世界を知ってほしいのです。

 

なぜしているのか

取り組みきっかけは、当時いたスタッフが「したい!」と言ったのがきっかけです。ほかのところもしているから、別にうちの店がしなくてもいいのでは?と思っていたのが、間違いでした。知ると、ほとんどの店が受けれいていませんでした・・・。

 

じゃあ、僕がやろう!

ほかがしていないのなら、僕がやらないと、この先も全然広まらない!と思う出来事もありました。

そして、僕がやろう!と頑張る原動力になった言葉があります。

 

専門の講習を受けた時、講習生役として一緒に潜っていただいた方の言葉です。その方は、事故の影響で四肢麻痺の状態ですが、それからダイビングにチャレンジして、ダイビングをずっと楽しんでいる人でした。

慣れないせいもあり、シンドイおもいをさせてしまったのですが、新聞社のインタビュー時に「全然大丈夫、この活動を広めてほしいから、何だってします」とさらっと言ってくださいました。

 

これです。

そう、この言葉をかけられたから、僕は頑張ろう!!と決意を新たにしました。

ダイビングは楽しいし、癒される!!

f:id:free-maki0806:20180714210559j:plain

(^^)/

ハンディある、ないにかかわらず、みんなに知ってほしい

地道に、一歩、一歩、広めていきます。

 

maki777.hatenablog.com

 

 

maki777.hatenablog.com

 

 

maki777.hatenablog.com

 レターポットしています

真木 崇志さんのレターポット | LetterPot (α)