大阪ダイビングスクール RIZEオーナーブログ

ダイビングや本やコミュニティについて色々な事を気ままに書いています。

夢だけど、夢じゃなかった。ホスピタルアート活動を継続するクラウドファンディングに挑戦する理由

夢だけど、夢じゃなかった。ホスピタルアート活動を継続するクラウドファンディングに挑戦する理由

f:id:free-maki0806:20210204160339j:image

昨日から、経営するダイビングスクールを存続させる為と、病院で海の写真を展示するホスピタルアート活動を継続する為に、クラウドファンディングに挑戦しています。

ホスピタルアート活動をしているダイビングショップを存続させたい - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

ダイビング業界も影響を受けていますが、コロナに負けたくない。

ホスピタルアート活動を継続していきたい理由を書きます

■37年間の想い

僕は先天性十二指腸閉鎖症という病気を持って生まれ、生後3日で手術をし、12歳まで通院をしていました。その当時、病院の壁に貼っていたアンパンマンの絵に勇気をもらった経験が、この活動を志したきっかけです。「もっと色々な絵や写真を誰か展示してくれないかな?」と、声に出せなかった当時の自分のような人の為に、今頑張っています。

まだ日本ではそこまで広まっていないので、日本各地の病院でホスピタルアートを実施するのが目標です。

■通院時の想い

生後3日で手術をしたり、そのあと12年間も通院するのは珍しいみたいですね。僕としては当たり前過ぎるけど、「同じような経験をしている人はなかなかいない」と高校に入って知って驚きました。

お腹にある12センチの手術跡も、珍しいのかもしれません。しかし、僕はこの跡と共に37年間生きてきたので、違和感はありません、

■12歳の時の安堵

子供の頃の誕生日の思い出は、嬉しい事ばかりでしょうか?僕は、嬉しい事もあったけど、そればかりではなかったです。誕生日には必ず通院をしていて、検査で注射をいつもしていたので。ただ、そのあとの頑張ったご褒美として喫茶店で食べるホットケーキが楽しみでした。すごくおいしくておいしくて。だからいいんですけどね(笑)そして、安堵したのは12歳の誕生日。その日に、主治医から「もう通院しなくていいよ」と言われました。あの日に安堵した記憶は今でも忘れられません。

「ああ、僕は大人になれるんだ」と安堵しました。閉ざされていた未来が突然開いたんですよね。

■夢叶ったのが2020年

病院で展示をしたいけど、なかなか実現しない日々が6年以上ありました。そして、子供の頃から実現したかったこの夢が叶ったのが、2020年です。実際に展示作業をした時、看護師さんやお医者さんに、「ステキ!」「いいねー!」と声をかけられて嬉しかったです。作業中、夢が叶った嬉しさで感動のあまり僕は涙を浮かべていました。そして、僕は駐車場に戻るまで、何度も何度も「夢だけど夢じゃなかった!」と叫びました。
これは、映画の「となりのトトロ」でサツキとメイが叫ぶ僕の好きな言葉です。ずっとこの言葉を叫びたかったので、いっぱい叫びました。ほんと、嬉しかった。全然実現しなくて、死ぬまでにこの夢はもしかしたら叶わないのかも?と不安な期間が報われました。

■紹介してもらったエピソード

初めて展示が実現した病院をご紹介いただいたお二人のおかげで、今があります。病院で働く方のお力もそうです。皆様のおかげで、夢が実現し、スタートしました。ありがとうございます。感謝を伝えた時に、「僕が当事者だから」と言っていただき、「何故こんなに闘病している方の気持ちがわかるのか?と」いう問いの答えを知りました。
長年、小児病棟で海の写真を展示することが夢でした。ご紹介いただいた日のことをブログにも書いています。

夢が実現します!小児病棟で海の写真展示決定しました! - 大阪ダイビングスクール RIZEオーナーブログ

■夢だけど、夢じゃなかった

この夢を通院していた子供の頃からずっと見ていました。夢でした。夢だけど、夢じゃなかった。この夢を日本中で実現したい、そのために頑張ります。クラウドファンディングチャレンジ中です。ご支援、シェアお願いします。
ホスピタルアート活動をしているダイビングショップを存続させたい - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)