大阪ダイビングスクール RIZEオーナーブログ

ダイビングや本やコミュニティについて色々な事を気ままに書いています。

決して、絶対に、永遠にあきらめない

決して、絶対に、永遠にあきらめない

 

f:id:free-maki0806:20210507152112j:image

これは、ニックブイチチの名言です。この方をご存知ですか?彼は、手足がないキリスト教伝道師です。以前、テレビで彼の存在を知り、このタイトルの言葉が心に響きました。YouTubeにその映像があります。

 

 ニック・ブイチチ - YouTube

『私は世間的には障がい者ということになります。でも、手足がないことで「本当の障がい」を取り除くことができました。本当の障がいとは、何だと思いますか?それは自分の人生に自分で限界を設定してしまうことです。あるいは「これがお前の限界だ」という他人からの言葉を鵜呑みにしてしまうことです』

 

決して、絶対に、永遠にあきらめない

 

コロナで大変な今こそ大きく心に響く言葉だと思います。

 

僕は、大阪でダイビングスクールをしながら病院で海の写真を展示するホスピタルアート活動をしています。日本中の病院でホスピタルアートを普及するのが目標です。

ホスピタルアートとは?

について書きました

取り組むホスピタルアート活動について | RIZEブログ|大阪梅田のダイビングスクール

 

ダイビングライセンスのQ &A

 初級ライセンスのご紹介 | RIZEブログ|大阪梅田のダイビングスクール

 

 

今年まだ一回しかお酒飲んでないし、スタッフは基本自宅待機、ご利用のお客様の人数制限、自分自身も必要以上に出歩かないようにしているけど、こういうの一年以上続けているの、そろそろ限界なのですが、、、、、まだまだ続けないといけないんですよね。緊急事態宣言、ワクチンが普及するまでしばらくずるずると続きそうですね。全然減っていないのに、制限をゆるめて継続しても減らないんじゃないかな?

もしかすると、しばらく緊急事態宣言を継続するつもりなのかな?その間、補償が20万では、自粛した先の未来は描けないと悲観してしまいそうになるけど、「まだまだ悲観なんかしないぞ」と思う自分がいます。

 

先天性の病気や困難なことを持って生まれたおかげで、あきらめの悪い人間になれたと思う。

あきらめても楽しくない。

あきらめるのは簡単だ。

「いいよ、運命受け入れるよ、その上で、いっちょやってみる」

そういう生き方しか知らない。

こういう生き方がいい。

そう、決めました。

小さい頃のしんどい時に。

 

アメリカの大統領になる!とかじゃない限り、ボクらが今思い描く夢って頑張ったら叶うと思うから、「あきらめる事」をやめています。人生に折り合いつけるのやめています。

 

あきらめのはまだ早い

もっと遅くてもいいはず

 

まあでも、掲げた夢を貫くのも、あきらめるのも、方向転換するのも、その人の人生だから自由。だけど、期待して応援していた人は、貫かれない場合落胆しますよね。僕もこれまで期待したり、あきらめたり、方向転換ってあった。だけど、「ホスピタルアートを日本中で実施する」というこの夢は貫きたい。

 

決して、絶対に、永遠にあきらめない

 

去年、キンコン西野さんのコンサルを受けてほんと良かったです。まだまだ緊急事態宣言とかコロナで大変だけど頑張ります。相談したホスピタルアートも順調です。病院やコロナ陽性滞在ホテルでも展示しています。

コロナ時代を生き抜く方法
【ニシノコンサル】コロナ時代を生き抜く方法 - YouTube

 

 

BASEで、海の写真のポストカードやA4サイズの実際にホスピタルアートとして展示もしている写真を販売しています。この収益はホスピタルアート活動に活用しています。

rizediving

応援お願いします。

 

ホスピタルアート活動のオンラインサロンを作っています。日々の試行錯誤を記事として投稿しています。スタッフとしての参加も大歓迎です。記事を読むだけの応援も大歓迎です。

マキタカファクトリー(オンラインサロン) CAMPFIREコミュニティ