僕の見ている世界

ダイビングや本やコミュニティについて色々な事を気ままに書いています。

独白 クラウドファンディングでチャレンジ中の本の内容を少し書きました

独白

 

クラウドファンディングでチャレンジ中の本の内容を、少し書きます

 

 

35年前の1983年8月6日に僕は先天性の病気と共に生まれ、8月9日にお腹を手術した。

 

 

それまでの3日間、親や祖父母がどんな気持ちで過ごしていたか、どんな事をしてくれたかを後々聞いて、僕は泣いた。 

 

35歳になれた。


まだまだ、生きたい。


大人になれてよかった。


このまま、年を重ねておじいちゃんになりたい。


0歳から12歳まで通院して、沢山検査をした。合併症が沢山ある病気なのだが、ずっと原因不明の体調に悩まされていた。


子供ながらに、大人になれるのかな?という疑問があったけど、聞けなかった。

聞くのが怖かった。

だから、12歳の誕生日に、主治医に「もう大丈夫、こなくていいよ」と言われ時、嬉しいのと、あれ、未来のこと考えてもいいんだ?と焦った。

 

大人になれた。

お腹には大きな手術跡があるが、少しも気にならない。

 

大人になれたいま、ぼくはあの検査を頑張って受けていた自分が、今の自分を見て、嬉しくなるような生き方をしようと思って生きている。

 

弱音は吐かなかったけど、イタイって言わなかったけど、やっぱり怖かったし、不安だったし、痛かった。

 

自分ではどうする事も出来なかった。

 

その経験があるから、僕は弱音をあまり吐かないだけで、ロボットじゃなくて、僕も人間なので、シンドイ時はシンドイし、辛い時は辛い。

 

日付変わって9日の35年前、僕は手術を受けた。

 

この日から、僕のお腹に跡ができて、やっとツラさから解放されたハズ。

 


もう一度生まれたかんじ。


そこから、中学くらいまで、体調が悪い日が続いたのも、懐かしい。


そんな僕がどうやって生きてきたか?を本に書いて、伝えたい事がある。

 

イロイロあったけど毎日今は楽しく過ごせているので、そのなぜ?を知ってほしい。

 


この出来事は序章にすぎない。


まだまだ、様々な困難がありました。

 

こういう事も本の中にいれます
クラウドファンディング中です!
応援お願いします!

 

ご支援、シェアお願いします!

沢山の方に、伝えたいです!!

 

ここ最近の出来事を中心にした内容の本を作りたい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)